トト犬の誰でもできる株生活

トト犬はIPO・立会外分売・普通の株取引をしています。ここでは誰でもできるだろうIPOと立会外取引を伝えていければと思ってます。

独自のトト犬式立会外分売で誰でもお小遣い稼ぎしましょう!

 

立会外分売とはなんでしょう?

 

ネットで調べてみると立会外分売とは、新規株主を増やすことを目的として、上場会社が大株主である銀行やオーナー経営者等の保有株を小口に分けて証券取引所の立会外で不特定多数に売り出すことをいいます。とでます。

正直難しくてよくわからないですよね…笑

 

会社を東証1部に上場する為の条件で株主数が2200人以上って決まってるんですけど、その人数を確保する為に立会外分売を行ってその条件をクリアしようとしているんですね。

 

だからこの立会外分売に注目していると昇格する銘柄なんかに気付けたりしますよ!

 

と話はそれましたけど

 

立会外分売でおこづかい稼ぎですがこれから紹介する方法はトト犬が実際に行ってる方法になります。

 

まず1つ目は一般的な立会外分売ですね。

 

立会外分売が行われる銘柄を購入申込みをして抽選で当たったら売却するという方法です。

 

一般的にローリスクローリターンと言われていまして結構な方がおこづかい稼ぎだったりちょっとした運試しなどで抽選に申し込んでたりしてるんじゃないですか?

 

一年通すといろんな銘柄が立会外分売を行うのですが、どこに申し込めばいいのか初心者の方はわからないと思います。

 

そんな時はネットで立会外分売と調べていただければ次に行われる立会外分売の銘柄を評価してくれてる方などがでてきますから参考にするといいですよ!

実際、トト犬も評価部分は他人任せにしています笑

あちこち調べていたら時間なくなってしまいますからね・・・

 

2つ目はその立会外分売の銘柄の購入価格30万以下のものを限度300株を始値で購入し終値で売却するというものです。

 

立会外分売と言うものは抽選で当たったらその日の朝一、つまり始値で皆さん売却する方がほとんどです。

なので始値は普段より安く値がつくことが多いんです。

始値が安く付いているということは終値は始値より上回る可能性が高いんです。

じゃあどの立会外分売を買えばいいのか?

全てです。

 

正確にいうと立会外分売を行う中で条件を満たした全ての株です。

 

本当に儲かるの?と思うかもしれませんが昨年は儲かりました。

 

これからは当ブログで結果を伝えていきますのでご覧頂ければ幸いです。

 

もう一つ普通に株を購入して売却すると手数料がどうしてもかかってしまいます。

そうなれば手数料負けになってしまいます。

そこで利用できるのが松井証券の一日信用取引です。

デイトレードなら金利はかかりますが手数料無料です。

 

金利はほとんどかからないと思っていただいて構わないレベルですよ!

 

ちなみにここも大事ですが、トト犬は立会外分売が当選したときも終値で売却しています。

 

今回説明した方法の一番大事なところは絶対にルールを守ることです。

 

例えば、途中銘柄を見たら+10,000円になってたから売却したとして終値の時は+8,000円でした・・・一見得したと思いますがこれを続ければ絶対に痛い目を見ます。。。

その逆も考えられるからです。

今回はそうだっただけと考えましょう!

 

この方法のいいところは何もしないでということなのです。

 

もし途中で売却を考えて自分は終値よりプラスにする自信のある方はこの方法ではなくデイトレードをやることをお勧めします。

 

もう一回言います。

一番大事なことはルールを守ることです。

 

それではトト犬が実践している独自の立会外分売取引方法でした。

 

最後までブログを読んでいただいてありがとうございました。