トト犬の誰でもできる株生活

トト犬はIPO・立会外分売・普通の株取引をしています。ここでは誰でもできるだろうIPOと立会外取引を伝えていければと思ってます。

魔法のポイント制度は塵も積もれば株となる。

 

皆さん知っていますか?

SBI証券のIPOチャレンジポイントの存在を。

 

継続していればIPOを必ず当てることができる魔法のポイントなんですよ!

それではSBI証券の魔法のIPOチャレンジポイントについて調べていきましょう!

 

目次

 

 

SBI証券IPOチャレンジポイントとは

 

SBI証券が行っているポイント制度で新規上場株式(既上場銘柄の公募増資・売出は除く)のブックビルディング後の抽選・配分に外れた時などにポイントがもらえます。

外れた時は一回につき1ポイントもらえます。

 

次回以降のIPO申し込み時に、IPOチャレンジポイントを使用して申し込むと当選率がアップします。

 

IPOチャレンジポイントの仕組み

 

SBI証券のIPOは一人1票制の抽選ではありません。

資金があればあるだけ有利になります。

 

ですがIPOチャレンジポイントでは資金力は全く関係なくどれだけ保持しているポイントを使うかがカギになります。

 

例えば、新しくIPOが公開されました。

 

IPOチャレンジポイントでの当選枚数は500株で一人最大200株配分です。(実際はIPOチャレンジポイントの当選枚数は発表されません。)

 

Aさんは300ポイント・Bさんは250ポイント・Cさん200ポイント・Dさんは150ポイントで申し込みました。

 

この場合の配分はAさんに200株・Bさんに200株・Cさん100株となります。

 

このようにIPOチャレンジポイントは保持しているポイントをどれだけ使用したかで当選者が決まります。

 

ではどのくらいのポイントを使えば当選できるのでしょうか?

 

あくまでも申し込むIPO銘柄の評価で変わってきてしまいますが

だいたい350ポイントはないと当選しません。

なので350~450ポイントの間だと思っていただいていいでしょう。

 

ポイントの増減について

 

f:id:totoinu:20181110060302p:plain

 SBI証券にはこのようにポイントの増減について説明されています。

 

先にも説明した通り基本はIPOの抽選外れてしまったときに1ポイント付与されます。

 

ここで注意してもらいたい点があります。

 

ポイントを使って当選した場合はみなさんIPOの購入申し込みをすると思いますが

補欠当選した場合に注意が必要です。

ポイントを使って補欠当選した場合で購入申し込みをしなかった場合ですが・・・

 

使用したポイントがすべて消滅します。

 

購入申し込みをして繰り上げ当選しなかった場合はポイントがすべて戻ってきますからかならず購入申し込みしましょう。

 

まとめ

どうでしたか?

SBI証券IPOチャレンジポイントは
IPO投資をするには必須の知識になります。

 

SBI証券でIPOを当選するにはかなりの資金が必要になってきます。

1億円あれば毎回SBI証券が主幹事の銘柄ならば当選する可能性も出てくるでしょう。

ですがそんな資金がある人はごくわずかだと思います。

 

そんな資金ないよって方は是非!

SBI証券IPOチャレンジポイントを貯めて当選の2文字を目指しましょう!

 

それでは。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。